パチスロ日記

私だけ持ってない!!

8月 19th, 2014

専門学生時代、研修で海外に行くことがありました。 ダイバーなど、海が好きな人には名の知れた南の国ですが、当時は直行便もなく、渡航費・研修費を納めるとほぼ無一文になりました。

海外なので、渡航費・研修費共に結構な金額で、学生の私にとってはお金を貯めるのに必死だった覚えがあります。

実家暮らしだったので、生活には不自由しなかったものの、研修までにダイビング関連の機材の購入が必要でした。 クラスメイトは、なぜかみんな既に持っていて、持っていないのは私一人だけという状況。 必要な機材はトータルで5万円ほどの物でしたが、アルバイトのお給料日を待っていたのでは間に合いません。

ちょうど夏休みだったので授業がないのが幸いでした。 アルバイトの他に派遣事務所に登録して働くことにしました。(即日バイト

土日はモデルルームの案内の看板持ち、大型展示場のイベントスタッフや、工場内での検品作業など、家にも帰らず、24時間働き続けました。

あの時は、お金のために必死でしたね。人間頑張れば何でもできるって思えましたよ。

結果、無駄遣いする暇もなく働いたおかげで、機材購入に必要な5万円を超えるお金をゲットし、さらに嬉しいことに必死に働いたおかげで3キロも痩せることができました。

痩せてスタイルも良くなって、機材を購入してもお金が余り、頑張った自分にご褒美として新しい水着まで購入して、海外研修がとても楽しく充実したものとなりました。

初めから親に頼っても良かったのですが、自分の力で乗り切れた経験は、今の自分の生活にも役に立ってます。 そして、この時のどうしようもなくお金に困った経験のおかげで、以後、計画性が身に付いたような気がします。

あの時働いたことによって、人として成長できたような気がしますね。 勉強ももちろん大事ですが、やはり働く事が一番大事なのかなって思いました。

今でも、あの時の経験を活かして日々仕事に励んでいますよ。

子供の将来を考えると不安

6月 10th, 2014

私の毎月の生活費に関して何ですが、公務員である旦那の給料が手取りで23万円ということをお伝えします。 年度末など、残業が多かった月は6万円ほど増額するときもあるのですが、家計としては23万円として、計算しています。 まず、わが家のメインの出費ともなる「住宅ローン」は毎月5万円としておきます。ちなみに、ボーナスでボーナスの約半分払いなので、毎月の支払いとしてはこの金額です。 そして、水道料金が7千円、電気代はその月によって、とても変動が激しいのですが、6月で2万円ぐらいですね。 インターネット利用料を含む電話代が8千円、携帯電話代金が夫婦二人で1万5千円ほど。 生命保険が月1万円ほど。 他には、住宅ローン並みにメインの出費となる食費は、5万円以内に抑えるようにしています。 他には、ガソリン代が二人合わせて、1万円ほどでしょうか。けれども、旦那の車は2ヶ月に1度入れるか入れないかといった感じですから、一概には言えませんね。変動が激しいです。 余談ですが、某都市の自治体職員なので、月々の給料はこのぐらい…。毎月わりとカツカツです。子どもが小さいからあまりお金はかかっていないものの、ボーナスで度々補填する感じです。 とくに固定資産税や自動車税などの税金関連は、ボーナスで補填していますね。 という事で、これから子供が大きくなるにつれて、毎月の生活はかなり厳しくなると思います。旦那の給料もあがって行けばいいんですが、今のこの時代何で、なかなか給料が上がるなんて事もないと思います。 そうなってきたら、私も働きに出ないとな・・・って考えています。今のままだと必ず赤字になりますからね。 子供の学費なんて考えたらゾッとしますよ。友達も、学費の支払いなんかでよくキャッシングとかでお金を借りているみたいですしね。。。 ※参照:主婦でも借りれるキャッシング 誰でもそうだと思いますが、やはり借金は出来るだけしたくないですもんね。。。

お金のなかった学生時代

5月 22nd, 2014

私は好きなファッションが古着でそれは学生時代からずっとそうでした。特にスニーカーに関してはいろいろ自分なりのこだわりがあり、なるべく好きなものを買いたいなと思っていたところです。 ただそういったスニーカーというのは安いものでも数万円します。なので学生時代は一応アルバイトはしていたのですが、そのほとんどが古着に消えていきました。そのためいくらアルバイトを頑張ってもあっという間にお金がなくなったものです。 なので友人たちと遊びに行ったりするときはアルバイトをしていても、遊ぶためのお金がなくて困ったものです。そういったことで頑張ってアルバイトをしても、お金がまったくたまらないのが学生時代の私の悩みでした。 そしてそれ以外にもお金に困る事が・・・。それは飲み会です。 いまでこそ自分にとって不要だと思える飲み会は断ることができるようになりました。が、学生時代は「これも付き合いなんだ」と、誘われた飲み会にはほぼ全て参加していました。 そのため、ほとんど常に金欠状態。 飲みのない日はバイトを入れて、学業をこなしつつも(とはいえ、おろそかになりがちでしたが…)なんとか飲み代を稼ぐ日々でした。 もちろん他に欲しいものもたくさんありました。 ですがバイト代の全額と言ってもいいくらいの金額が、飲み代に消えてしまっていました。 どうしてもその日、持ち合わせがない!…という時などは、友人に借りることもありましたね。お互いにバイトの給料日前は、そんな感じでした。 いま思えば、ずいぶんと気軽にお金の貸し借りをしていたものだなぁ、と思います。 時には、友人から借りるだけでなく、消費者金融のカードローンで借りる事もあったぐらいですからね。 コチラから・・・学生ローン在籍確認 今思えば、何も考えなしに生活していたんだな…ってちょっと怖くなりますよね。まぁ、若かったという事もあるんでしょうね。 今となればいい思い出の一つですね(^_^)v

家庭内の問題を全て私のせいにする夫

4月 8th, 2014

結婚前は、優しかった夫が最近は私のことはもちろん、家庭の中で起きていることに全く無関心なのが今の私の不満です。 子育てや彼の親との同居のことで色々と悩んでいるのに、愚痴すらまともに聞いてくれません。 「俺は外で働いている。家の中で起きた問題は、全てお前が解決しろ。解決できないのはお前の対処が悪いからだ」と言われるのですが、言葉の暴力にさえ感じられます。こんな言い方って最低としか言いようがありませんよね。彼の親と同居っていうので悩んでいるんだから、もっとその話に賛同というかいろいろ聞いてくれないと困ります。私の親ではなく彼の親なんですからね。 まだ私が実家に住んでいた独身時代に「俺は外で働いているんだ」と言って、家の中のことに無関心な男はろくでもない男だから絶対に結婚しないようにと、いつも父親に言われていたのに、私はそんな男と結婚してしまいました。逆にそういわれ続けていたから、そういう男を引っ張ってしまったのかもしれませんよね。 でも、今になってこんなことを言ってくれていた父親ってすごいなーって思います。母親が言うんならばわかるけど、父親が僧う風にいうってことは、そういう人間にならないように父は頑張ってきたということですから。 離婚したいけど、独身時代の貯金は全て家庭生活の中で使い果たしました。 安月給の夫を放り出して、二人の子供と仲良く3人で暮らしたいです。利息の低そうなモビットでも利用してどうにかやっていこうかなー南ても思っています。それくらいもうこの夫とは一緒にやっていけないなーなんても思っていますから。 子供二人を連れてやっていくのはいろいろと不安はありますけどね。 もし私がもう一度結婚することがあれば、今の旦那のような人は選ばないように慎重に相手を選ぼうと思っています。もう私が結婚なんてできないかなー。 でも、40代とか50代の婚活も盛んになっているみたいだから、私もいつかは自分のことの為にも婚活しようかなとは思います。もちろん今すぐにというわけではありません。旦那と離婚してから、子供たちも育てられるような余裕が出てきてからですね。

マイナス収支だけど…

3月 28th, 2014

パチスロを始めて早10年。トータル収支は当然の事ながらマイナス、、、 でも止められないのがパチスロなんです。 10回のうち9回負けても、1回勝てば嬉しいもんなんですよね。 最近は昔と違い出づらくなったんですが、それでも毎日飽きもせずパチンコ店に通ってます。 今日も今から一勝負!頑張ってきます!!